Canon操作性・生産性・画質を向上させたA3カラー複合機4機種8モデルを発売

キヤノンは、複合機「imageRUNNER ADVANCE(イメージランナー・アドバンス)」の新商品として、オフィス向けの中高速A3カラー機“imageRUNNER ADVANCE C5500シリーズ”4機種8モデルを2016年6月13日より発売します。

imageRUNNER ADVANCE C5500シリーズ

価格:180万円~ 発売日:2016年6月13日

おもな特長

新商品8モデルは、カラー/モノクロ同速を実現し、毎分35枚から同60枚の出力速度(A4ヨコ)を備えた、オフィスの主力となる中高速クラスのカラー複合機です。従来機種に比べ操作性と生産性を向上させることにより、忙しいビジネスパーソンの業務効率化に貢献するとともに、画質も向上させることでオフィス文書に求められる高品位な出力を提供します。

一人ひとりに最適な設定が可能な「パーソナライズ機能」により操作性を向上

操作画面の初期画面や表示言語、アドレス帳などの設定を一人ひとりのユーザーに合わせて最適化できる「パーソナライズ機能」を搭載し、操作性を向上させています。さらに、その個々人の設定を同一ネットワーク内の他の複合機に同期させることも可能となり、ユーザーの業務効率化に貢献します。

業界トップクラスのファーストコピータイムを実現

最上位機種である“imageRUNNER ADVANCE C5560 / C5560F”は、従来機種に比べカラー出力速度(A4ヨコ)を毎分51枚から60枚へと高速化しています。さらに、ファーストコピータイムは業界トップクラスのモノクロ約2.9秒、カラー約4.5秒と、高い生産性を実現しています。またその他の機種も、従来機種に比べ、カラー出力速度を高速化し、カラー/モノクロともに同速で出力が可能です。

新開発のCSトナーなどの採用による高品位な出力の提供

耐久性と転写性を両立させた新開発のCS(Consistently Stable)トナーの採用により、大量に出力しても色味変化の少ない安定した高画質を実現しています。また、新しい色設計の採用により、色鮮やかでくっきりした画質を実現し、これらによりオフィス文書に求められる高品位な出力を提供します。

A3カラー複合機の市場動向

2015年のA3カラー複合機の市場規模は、世界市場で約189万台、国内市場で約48万台、2016年においては、世界市場で約196万台、国内市場では約48万台と予想しています。(キヤノン調べ)
先進国市場においては、市場全体に占めるカラー機の比率が高まっており、中高速カラー機への需要拡大が期待されています。また、新興国市場においてはモノクロ機からカラー機への置き換えが進んでおり、将来的に高い成長が見込まれます。

 

製品の詳細は、こちらをクリックしてご覧ください。

キヤノン複合機情報流出、新聞報道に関して(11/6付 新潟日報)

11/6水曜日の新潟日報の一面でキヤノン、リコーの複合機が導入されている一部のお客様で複合機械内部の情報がまる見えになっている旨の報道がなされています。

また、11/7木曜日の全国紙、読売新聞においてはゼロックス、シャープにおいても大学の研究室で同様の事例があったと報道されています。↓キヤノンのHPでの対応

  http://cbomail-c.canon.jp/canon/archx/ad/cc/a?m=54323214&u=24450&c=A9850326

当社よりキヤノン及び京セラの複合機を導入して頂いているお客様には大変なご心配をおかけしており、誠に申し訳ございません。

 

しかし、通常の形態で複合機を導入している状態においては、報道のような事例(誰でも簡単に複合機の中の情報が見える)は起こりません。今まで同様、ご安心してお使い頂ければと存じます。

 

通常の形態ではない特別な状態とは、ファイアーウォール(安全隔壁)がなく、外部のPCから直接複合機にアクセスできる状態の事です。一般的な、ルーターを介して外部とやり取りするネットワーク環境であれば、外部からのアクセスは相当の悪意と技術がでなければできません。

 

当社のお客様でネットワークの環境を持っているお客様はほぼ全てルーターを介したネットワーク環境を構築されています。(複合機にはプライベートIPアドレスを設定されています。)従って、簡単にまる見えといった状態にはなりません。

 

その上で更にセキュリティを強化されたい(内部からの情報流出を防ぐ、万が一の外部からの不正侵入を防ぐ)お客様には複合機に当初設定されているID・パスワードを変更し、設定して頂ければ更に情報漏洩のリスクの軽減になるかと存じます。

 

岡庭商行は、情報セキュリティに対しても力を入れております。安心・安全な環境で事務機械を便利に、快適に使って頂きたいと考えております。

 

今回の報道や情報セキュリティに関して、不明な点・疑問点または、パスワード設定方法などは当社、担当営業・サービスマンまで何なりとお申し付け下さいませ。

今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

Anotoデジタルペンソリューションのご紹介

<<アノトの仕組み>>

 ◆アノトパターン

 紙の固有識別及び紙面内の位置を認識するため、微細なドットパターンで表現された座標情報。

◆アノトペン
 アノトパターン上に記入する&記入された情報を読み取るペン。BlueToothで情報送信も可能。

anoto01

 

<<アノト認定プリンタ>>

アノトパターンの印刷に適したプリンタとしては、アノトパターン印刷適合の認定をアノト社から取得する必要があります。

従来はPostScript機のみが認定されていましたが、キヤノンが「世界で初めて」の非PSプリンタでアノト認定プリンタを取得することで、オフィスにあるプリンタでアノト印刷を可能にします。

anoto02

 

<<アノトを活用したパッケージソフト>>

プロジェクタスクリーンに投写された画面に直接記入でき、手元資料(紙)からもスクリーンにアクセス可能なプレゼンテーションツール

anoto03

  •  資料はプロジェクタでスクリーンに表示…
  • 説明・操作・補記はデジタルペンを使って…
  • 手元の紙(資料) からもアクセス可能
  • 追記した情報もデータ保存可能!

<<OpenSTAGE の主な利用シーンと効果1>>

新たな会議・授業スタイルとプレゼンテーション・講義方法のご提案!
anoto04

  • 説明箇所をペンで簡単に指示でき、レーザーポインター等に比べ利便性up
  • 手元資料からスクリーンへの補記が可能で、インパクトのあるプレゼンテーションが可能
  • 画面に記入する必要がないため、通常の電子ボードのようにスクリーンに自分の影が映らない
  • ペンで説明したい箇所をタッチすることで、複数頁にわたる改頁操作も簡単
  • 複数ペンの同時アクセスが可能なため、説明者と聴講者との間での双方向コミュニケーションも可能
  • 頁毎に追記データが管理されるため、保存したデータを議事録として利用可能
  • パソコン操作をせず、ほとんどの操作はデジタルペンのみで可能

<<OpenSTAGE(標準パッケージ)の製品構成>>

製品構成(標準パッケージ内容)

  • ドットスクリーンシート(56インチ・マグネットシートタイプ):1枚
  • デジタルペン(ADP-301):1本
    ※ペン先はスタイラスがセットされています
  • 単4アルカリ乾電池:1本 ※付属の電池は動作確認用です
  • 替芯(レフィル):スタイラス1本・黒インク1本
  • Bluetooth USBアダプタ:1個
  • CD-ROM:1枚 ※ソフトウェアインストーラ及び利用ガイド
  • コントロールパネル(PPT2003/2007用・Tool Box用)
  • ホワイトボードマーカー:黒・赤 各1本
  • 専用イレーザー:1個

 標準価格:190,000円/式(税別)